沿革

2015年12月 12月24日にもりおか女性センター別館(旧働く婦人の家)を閉館する。
2015年4月 起業応援ルーム 芽でるネット」をプラザおでって1階に移転、4月6日にリニューアルオープン。
2015年3月 3月1日にもりおか女性センター別館(旧 働く婦人の家)を休館する。
同月、盛岡市が「第2次盛岡市男女共同参画推進計画・第2次盛岡市配偶者暴力防止対策推進計画(なはんプラン2025)」を策定。
2010年5月 5月12日、もりおか女性センター別館に「起業応援ルーム 芽でるネット」を開所する。
2009年6月 6月22日にもりおか女性センターを配偶者暴力相談支援センターに指定。
2009年4月 4月15日に盛岡市は「盛岡市配偶者暴力防止対策推進計画」を策定。
2006年4月 4月1日から、指定管理者制度を導入し、特定非営利活動法人参画プランニング・いわて 管理運営を行う。
2006年1月 盛岡市議会の議決をへて、1月20日付けで「特定非営利活動法人参画プランニング・いわて」が「もりおか女性センター」の指定管理者として決定される。
2005年4月 「もりおか女性センター」、「盛岡市働く婦人の家」と統合。名称「もりおか女性センター本館」、「もりおか女性センター別館」とする。同月、盛岡市男女共同参画計画「新なはんプラン」策定。
2004年6月 もりおか女性の会が「女性センターと働く婦人の家の統合について」フォーラムを開催。
2000年6月 プラザおでって5階(中ノ橋通)に盛岡市直営「もりおか女性センター」開館。
1999年10月 もりおか女性の会が「(仮称)女性総合センター設置に関する要望書」を市長へ提出。
1999年4月 もりおか女性の会が「女性センターを考える市民フォーラム」を開催。
1999年1月 もりおか女性の会が「女性センター建設委員会」を「企画委員会」に名称変更し、市民側からの利用方法や運営参画方法を検討。
1996年2月 女性団体交流会開催。女性センターの基本設計に向けた要望がまとめられる。もりおか女性の会が「(仮称)女性総合センター設置に関する要望書」を市長へ提出。
1995年3月 新盛岡市女性行動計画「なはんプラン21」において「(仮称)女性センター整備」が盛り込まれる。
1994年4月 盛岡市内の女性団体連合組織「もりおか女性の会」が「女性センター建設委員会」を設置。同年10月に「女性総合センター設置に関するお願い」を市長へ提出。
1992年3月 盛岡市女性懇談会が、再度「女性センターの建設」を市長に提言。
1990年6月 盛岡市婦人懇談会が「女性センターの建設」を市長に提言。
1990年3月 盛岡市新総合計画後期計画において「女性センターの建設」が平成6年度調査事業として位置づけられる。
1988年3月 「盛岡市婦人行動計画」策定
1984年4月 盛岡市役所に女性施策担当の「青少年女性室」と「盛岡市婦人懇談会」が設置される。