おすすめ図書情報
起業応援ルームの「新着図書(2018.3)」を紹介します。どうぞご利用ください!

>>図書コーナーの新着図書(2018.3)No.1No.2No.3 はこちら

                                                                                                        
一歩踏み出す勇気を与える女性経営者100人の言葉
菅原 智美/監修
きこ書房 2012
この本に登場するのは主婦だった人、普通のOLだった人、離婚して仕方なく起業した人など特別な才能を持っているからではなく、情熱とやる気だけは誰にも負けないという気持ちがある女性たちです。現在日本で活躍している女性経営者たち100人からのメッセージを読んでいるとやる気と勇気が湧いてきます。
「手仕事」で夢をかなえる女性たち:ものづくりを生業にした24人の物語
塩沢 槙/写真・文
淡交社  2012
江戸切子、革の靴、製本、帆布の服などさまざまな手仕事に取り組んでそれを生業にしている女性たちを紹介しています。高い技術を持っていても、それだけで生活していくのはやっと、という手仕事、職人の世界ですが、苦労しながらも続けている理由や「夢」への取り組み方など、女性たちの思いや考えを丁寧に綴っています。
できるかも。
林 惠子/著
英治出版  2012
本書の著者は、育児と仕事の狭間で揺れていた時期に児童養護施設の問題を知り、何かできないかと支援団体を立ち上げました。数々の失敗を重ねながらも笑顔で“できるかも”と人や企業を巻き込んで支援活動を続けてきた社会起業家のノンフィクションストーリーです。読むほどに力が湧いてきます。
模擬起業-あなたの経営センスを試す起業シミュレーションブック
ヨアン・リエラ、トマス・ソレル/著
CCCメディアハウス  2015
あまりの分厚さに腰が引けますが、ページ順に読むものではないので安心です。古い友人から起業の誘いを受けた主人公と一緒に、様々な場面で色々な決断を下していくと38パターンの結末にたどり着きます。中にはたった40ページで終わってしまうことも。起業や経営ってどういう感じ?とゲーム感覚で体験してみてください。
ミレニアル起業家の新モノづくり論
仲 暁子/著
光文社新書 2017
ミレニアル世代とは’80~90年代に生まれた世代のこと。日本の最大手ビジネスSNS「ウォンテッドリー」を創設したミレニアル世代である著者がこれまでの経験をもとに、ビジネスのヒントはミレニアル世代の行動にあり、日本の未来はお金や物ではなく共感できる人とのつながりであると説いています。ぜひ読んでみてください。

>>おすすめ図書情報